So-net無料ブログ作成
検索選択

ただひとりの友、ただひとつの真実 [マイフレンド] [柘榴石亭]

20110221-22 『マイフレンド』 タイレンGM
 アネット ミレーナ ダニオ ラン イレーネ
 「キルヒア様……」


 うっかり村八分ナイトメアと友情を育んでしまった蛮族を倒す話。
 プレイヤーはNPCが出そろったところでまあそういうことかな、と当たりを付けてはいたのですが……。

 アネットの中で一番確かな価値観ってなんだろう、と思うと、それはもちろん神官としての立場で。それが彼女の正義。
 蛮族がいると聞けば討伐に行くのが当然だし、冒険者の宿の親父は信頼してるし、怪我をした人がいたと聞けばできることはないか考えるし……。
 神官だからなのか元々の性質か。そして神官だから正直を美徳とする、ということもあるかもしれないけど、どう考えても腹芸は無理なので一緒に騙されてみたりしましたほし

……うんごめん。
 途中でシナリオの筋を力業で曲げちゃってる自覚はあったんだけど、惨劇の場に連れて行く選択をしました。

 あと、月光アホっ子選手権とかあったらかなり上位に食い込みそうだと思った。
 中の人は別にアホだと思って動かしてるわけではないんですけどね。……思考のバイパスが他の人と違うだけで。(怪我→治療とか蛮族→倒すとか、こうやって書くだけなら普通に見えるでしょ(*´ー`*))

 プレイヤーとしては、少女にどうなってほしかったのかなぁ……。
 多分オーガバーサーカーはそれまでの人生もとい鬼生で、たくさん人族を手に掛けてると思うのですよね。その事実を突きつけて、考えを進めてみてほしかったかもしれない。
 自己正当化と言えばそれまでですけどね。倒すというこちらの判断は一瞬(アネットにはちょっと時間いただきましたが)なので、彼女にも何か答えを見つけてほしかったような気がする。
 一ヶ月のイレーネとのやりとりで、その辺に気づくことはあると思いますが、さてどう転ぶやら……。

 しかし村人にとってそうであったように、オーガバーサーカーにとっても少女は『蛮族』であったわけで、その点だけを見ると彼女は既にダークナイトだったのかなあとも。


 以下蛇足。


「閉じ込められて目隠しをされているのは、彼女だけじゃないと思うねえ。そういう集団相手に商売をしようとすると、いつも失敗するもんだ」

「私が守らねばならない村人とは、村に住んでいる者たちのことだけではないな」

「村人たちの言いてえことはわかる……が、他にやりようは本当になかったのか?」

「わたくしの憧れの君の相棒はナイトメアでしたけれども、それはそれは有能な戦士でいらしましたのよ。才能のある者を埋もれさせておくなど、わたくし許せませんの」

「目が見えなくてもこれだけ暮らせれば旅もできるだろーし、歌は歌えるだろ。なんなら少し付き合おーか、こんなとこにずっといても、腐っちまうだけだぞ。おれらと違ってずっと若ぇんだからさ」

 ここまでが連れ出し希望組。

「……(・・)?」
※オーガバーサーカーを倒すことが大前提。それで少女が仇を取ろうとするなら迎え撃つし、人族を恨んでダークナイトとなれば討伐するし、ここを離れたいというなら護衛するし。何を困らなければならないのかがわからない。

「なんだか……あたしは恵まれてたんだなって……ごめん」
※それどころではない人




拍手する
タグ:アネット

甘くて苦いありがちな [語り]

 IRCで「魔境もしくは妄想のネタを~!」とゴロゴロしてたらお題が飛んできた、というわけでもはや恒例となったイベントごとの自キャラまとめです。

アネット:
 普通にはーと型に固めるだけなのに顔とか髪にチョコレートが飛んでる

ジャネット:
 妹に貰って素直に喜ぶ(・・*)。……パパにあげたりしないの?

ブリジット:
 なんだか甘いにおいがすると思ったら……なるほど(温かく見守る)
 またレナっちに蹴られても知らないぞー。

ヴィオラ:
 あげる人いないし! 縁ないから! と必死で逃げ出そうとしたが料理好きの友人たちがヴィオラの分の「だれでもかんたん! 手作りセット」を用意していて逃げられないわーん

ジュディット:
 実は上手に作ります。薬品を扱うような(事故ったけどな)学者でしたしねほし

オットー
 23時55分ぐらいにレベッカさんから貰えた。よかったね。

ウォルト
 もらえるわけがないまじ

クーノ:
 チョコリキュールを空けるにや


……柘榴陣、全体的にかわいそうですね……いつもにも増して。
気を取り直して後編。


ロージィ:
 見よう見まねで作ってみたが渡す相手がいないかなし

ディルウェン:
 部屋から外に出ない。(はずだったんだけど……)

シェリル
 食べる

デレーテ:
 隊の人とチョコパーティーを楽しんでそうですねばら

リージャ:
 流行りの生チョコを作ってみる。

ネリア:
 それをつまみ食い。

「ちょっと、立場逆なんじゃないですか。性別的な意味で」
「うっさい。作っておいて言うな。っていうか溶かして固めただけのものを手作りとかおこがましいわ。カカオ豆すりつぶすところからやれ」
「えー……(笑)」
「何不満げなの」
「だって、食べて貰うならちゃんとラッピングしたのを解くところからやってほしいじゃないですか」
「…………は?」
「ま、とりあえず期待してますよ。3倍返し(笑)」



拍手する
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
パンヤの絵文字を使用しております。
©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Exclusive License
©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。